1.      川越にあるパーソナルトレーニング&整体・接骨院

          

 

〒350-1165 埼玉県川越市南台2−5−14 NKコータース
南大塚駅北口 徒歩1分

 
午前 ×
午後 × × ×

午前:9:00-12:00 / 午後:15:00-20:00

●土・日: 9:00-13:00

お気軽にお問合せください

049-241-1900

やしの樹接骨院
川越交通事故治療
 

交通事故・自賠責

 川越交通事故治療メディカルセンター

  相談無料 

 

  交通事故のお悩みご相談下さい

  川越市南大塚駅前の
   やしの樹接骨院
 (全国交通事故治療認定院)

多くの交通事故治療の実績!!

 

 お怪我の悩み  賠償金の悩み

   治療費ゼロ

   相談料ゼロ

 

で、徹底サポートします

   人で悩まないで

 全力バックアップ!! 

  お気軽にご相談ください。

交通事故での負傷の治療・リハビリの他に・・・

下記の様な悩みや、疑問を抱いていませんか?
交通事故問題に詳しい弁護士と連携しています

 

  • 交通事故に遭い、何をどうしていいか分からない
  • 示談金の金額は妥当なのか、よく分からない
  • 精神的疲労、今後の生活が不安で毎日悩んでいる
  • 後遺障害が残りそうだが、今後の補償が不安
  • 保険会社の対応や補償内容に、不満があり信用できない
  • 相手との過失割合について、納得がいっていない
  • まだを痛いのに保険会社に治療費を打ち切ると迫られている
  • 保険会社の執拗な電話と圧力に、疲労困憊している
  • 仕事を休んだ分の、休業損害を認めてもらえない     などなど…

 

治療家・法律家が交通事故に遭われた方の心とカラダのお悩みを解消します

 ★交通事故治療安心フルサポート

 

当院と提携している法律事務所

   浅川総合法律事務所 http://asakawa-law.com/

     岡田法律事務所      http://kobe-jiko.net/

   山崎司法書士事務所 http://yamazaki-legal.main.jp/

 ※その他にも複数の法律事務所と提携させていただいております。 

 

※交通事故の後遺症は放置すると、

痛みや関節の運動障害から2次的障害を

おこすことがありますので、早期のきちんと

した治療と、症状が完治するまで治療すること

をおすすめします。

  

 

むちうち損傷

(外傷性頚部症候群または頚部外傷後症候群)

 

むち打ち(頸椎捻挫)は交通事故により負傷する怪我の中で、大きな割合を占めています。

 

原因としては・・・・・

車が追突された時に首や背中・腰に大きな衝撃が加わり、それらの関節が本来の許容範囲以上の動きを矯正されたことにより、筋肉や靭帯・関節包などが損傷した状態のことです。

 

追突された時に身体が前に押し出され、頭だけが残され首が鞭のようにしなることから

「むち打ち」と呼ばれています。

 

臨床的な分類

頸椎捻挫型, 頸部交感神経症候群,神経根型,脊髄型に分類することが多いです。

 

主な症状

3日以内に出現するのがほとんどであるが、遅れてでてくるものもあり

受傷後一週間は要注意です。

3大症状として頚部痛・頭痛・頚椎運動制限です。

具体的な主な症状としては、首から肩にかけての痛みや痺れ、頭痛・吐き気・めまいなどです。

むち打ち症と診断されるものの中では、この頚椎捻挫型のものが高い比率を占めます。首を支持する軟部組織の損傷が起こっている状態(筋肉や靭帯・関節包の断裂等)で、関節が運動異常を起こして、痛みは首だけでなく、腰・肩・膝等いろいろな場所に出ます。

 

頚部痛のほか頭痛、耳痛、聴力低下、嘔気、眼痛、視力低下、動悸など交感神経系を主とした症状(バレ・リーウ症候群)を伴うこともあります。

 

病院で症状を訴えても、レントゲン検査で「異常ありません。」と

診断され、「取りあえず湿布を出しますので、様子をみてください」とか、「来週また来てください。」で終わってしまうことがあります。

 

◎実際に受傷の際、病院へいくことは大切です。

 精密検査を受け、医師の目でしっかりと身体に異常  がないかをみてもらいましょう。
 
 しかし、病院でリハビリを続けるのはなかなか難しいものです。
 なぜなら、むちうちの症状はレントゲンでの異常がみとめられず、
 頭痛などの症状でMRIを受けたとしても
 ムチウチについての異常がみとめられないからです。
 
◎病院ではおもに、経過観察や電気による治療、牽引などがおこな  われていますが、それでは中々状態がよくなりません。また、病  院は往々にして待ち時間が長く、通うのも大変かと思います。
主な症状

当院のむち打ち治療 当院では物理療法や手技治療などにより症状の出ている首だけでなく原因

を特定し根本改善する調整をして痛みや症状をやわらげ、回復させていきます。

 

川越市南大塚駅北口

南台にある交通事故治療の専門家「やしの樹接骨院」へ

 

    当院では、さまざまな後遺症やツライ痛みを解決

病院・整形外科からの転院や併院も可能。川越市南大塚 交通事故なら。

 

むちうち(頚部外傷後症候群)になる原因の多くが交通事故による追突です。

「むちうち症」という症状をごく軽いケガと捉えている方が多いのですが、初期の段階で正しい処置を行わず湿布や痛み止めだけとか、なかには病院にも通わず自己流で治そうとしている方もいて、驚かされることもあります。

 

交通事故は1件として同じ事故はありません。事故後に症状や手当によっては、思いもよらない後遺症に悩まされる方もいます。

 

専門家である私の見解では早期手当てが大切です。自己流の手当てでなんとかなるようなものではありません。早期手当てが早く治る道筋になります。

 

強い痛みを感じていないケースでも、まずは専門家にご相談ください。当然、交通事故に遭った際は「むちうち」だけが治療対象ではありません。

 

人によっては腰が痛い方や膝をダッシュボードにぶつけて痛めたり、手首や肩、背中などが

衝突の衝撃により痛くなってしまうこともあります。

 

やしの樹接骨院では、あなた専用パーソナル治療により、事故発生から

完治まで責任をもって「専門」サポートしていきます。

交通事故患者様の声

西武ライオンズ ファンの男性

交通事故患者様

 

首のしびれもすっかりよくなり

体も快調になりました!!

先生もやさしく、他にはない

接骨院です。

交通事故患者様

 

本当にここにきて、良かったです。

 交通事故患者様

 

   痛かった首が

 

   すっかり

 

   良くなりました♡

交通事故患者様

 

PBAの後はいつも

体がスッキリと軽く 

なりました。 オススメ

です♡

 

 

※PBA(当院オリジナル整体で、正式名Phisical Balance Adjustment)

現在は、更に進化した「コンディショニング整体」に受け継げられています。

交通事故患者様

腕のケガで通院中なのですが

ケガをした腕が日に日に良く

なっているのはもちろん(当初は文字を

書く事も困難だったので)重かった

生理痛まで軽くなって、全身がとても楽に

なりました。ありがとうございます。

交通事故患者様

 

いつもていねいにやって頂いて

安心しています。

又お世話になります。

交通事故治療

40代 女性

Q:来院される前、どのような期待や不安がありましたか?

A:痛みが少しでもなくなるか どんな治療をするのか

Q:実際に来院されてどうでしたか?

A:少しずつでも痛みが やわらいでいる気がします。

Q:施術前と施術後を比べてどうですか?

A:施術を受けた後は、身体全体がすごく温かくなるので、血行がよくなってる気がします。

Q:私(院長)の説明はわかりやすかったですか?

A:はい

Q:その他、何かひとことお願いします。

A:時間がある時には、痛みがある限り これからも来院しょうと思います。

交通事故治療

Q:来院される前、数ある院の中から他院ではなく、当院に決めた点はなんですか?

A:ホームページと日曜日も診察をしていたので。

Q:どのような症状でお悩みでしたか?

A:交通事故での首と肩の痛み

Q:施術前と施術後を比べてどうですか?

A:身も心も元気になりました。

Q:私(院長)の説明はわかりやすかったですか?

A:丁寧で分かりやすかったです。

Q:その他、何かひとことお願いします。

A:先生もきいこさんも、いつも笑顔で迎えてくれて親切で最高です。

 

交通事故治療

ここに通院して治療をしていると、痛みがなくなるけど、ちょっと休むと事故の後遺症で首が痛むことがある。でも、だんだん良くなってきています。

病院だけでなく、ここにきて良かったです。

 

接骨院にも交通事故患者さんが来院されますが、

 

ここ最近の当院での事故患者様でも車に当て逃げされて後から戻ってきたものの、

 

バイク転倒された骨折被害者になった方でさえ、

 

損害保険の一方的な不当打切りで痛みがあるにもかかわらず治療が終了された一件がありました。

損保担当者が医師に会いに行って根回しのかい(?)もあり

医師までもが冷たく被害者救済に参加していない…

なんでだろうと思っていたところ

 



こんな記事を目にしました。

交通事故...「被害者」を追い詰める日本の賠償制度の問題点

泣き寝入りしている交通事故被害者は、想像以上に多い
自分が交通事故の被害者になる――そんなことを想像しながら日々生活している人はまずいないだろう。しかし、交通事故は誰もが日常の中で抱えているリスクであり、何の前触れもなく、ある日突然襲ってくる。

 

ご存じの通り、交通事故被害を受けた場合、強制加入である自賠責保険と、約7割強の人が加入している任意保険から賠償金が支払われる。国や大手損害保険会社が運営している保険であるため、しっかりとした賠償が得られるはずだと考えるかもしれない。


しかし、その期待の多くは裏切られる。納得できる賠償を受けられないまま泣き寝入りしている被害者は、想像以上に多い。


前著『ブラック・トライアングル』では、我が国の交通事故賠償制度の仕組みと運用の問題点を、さまざまな視点から指摘した。そこでは自賠責保険を担う国や、保険制度を実際に運営している民間の保険会社、そして訴訟を扱う裁判所の3つが壁となって被害者の前に立ちはだかっていることを述べた。


分かりやすくその全貌をつかんでいただくために、仮にあなたが交通事故に遭い、被害をこうむったときのことをシミュレーションしてみよう。
交通事故賠償は、まず事故の発生から始まる。ここでは、あなたが車を運転していて赤信号で停止していると、後方から別の車両に追突されてしまったとしよう。

 

そして、交通事故の負傷としては最も多い、頚椎捻挫、いわゆるムチ打ち症になったケースを例に挙げることにする。
まず事故後に、首に今まで感じたことのないような痛みが発生したため、あなたは病院に行くこととなる。

 

そのうちに、保険会社から連絡があり、加害者との交渉は保険会社が窓口になると告げられ、問題がこじれる可能性があるので加害者と直接に連絡を取り合わないようにと言うのである。釈然としない気持ちは残るが、それが一般的なやり方だと言われれば、あなたは致し方なくそれに従う。

 

一方で痛みはなかなか引かず、仕事も満足にできない状態が続く。交通事故に遭った場合、治療を終了するまでの間、治療費はもとより、通院のための交通費、仕事を休んだ場合の収入減分(休業損害)、そして慰謝料などが支払われることになっている。

 

そのため安心して通院していると、1カ月を過ぎた頃から損害保険会社からの電話が頻繁にかかってくるようになり、そして休業損害を打ち切るとの連絡が突然くる。
まったく想像していなかった事態にあなたは驚き、保険会社の担当者に連絡をするが、「あなたはもう働けるとの意見書を医師が書いている」という一点張りで取り付く島もない。

 

実は保険会社の担当者は医師に直接連絡をしていたのだ。さらに「もういい加減治療は必要ないのでは?」などと、治療の打ち切りを促してくるのである。
保険会社からの予想外の言葉に怒りを覚えるだろう。痛みは依然として残っている。

 

痛み止めだけでも貰いたいと病院に通っていると、今度は「これ以上治療しても回復する見通しがないので、後遺障害として賠償してもらうほうがいい」などと告げられ、「来月から治療費を打ち切るので、来月以降の治療は自費になる」などと告げられる。

 

一方的なやり方にますます怒りを覚えながら、それでも痛みに耐えて通院すると、最後には、頼みの医師からも、「症状固定」にしましょうと告げられる。医師も、保険会社とはあまりもめたくないのである。


「症状固定」とは、これ以上治療をしても症状が改善しないということであり、その判断をした時点で治療費も通院交通費も休業損害も慰謝料も打ち切りになる。
症状固定後に残存した症状は「後遺障害」として扱われ、その症状の重さによって等級付けがなされ、その等級に応じて慰謝料や、労働能力の喪失率に応じた賠償などがなされる仕組みになっている。

 

憤懣やるかたない思いがあっても、もはや後遺障害の認定を待ち、その賠償に頼るしかない。
後遺障害と認められず、損害賠償を受けられないことも
ちなみに自賠責保険における後遺障害は、症状に応じて1級から14級までの等級に分かれ、それぞれに保険金額が定められている。

 

医師に後遺障害の診断書を作成してもらい、結果を待つあなたのもとに後遺障害の認定結果が届く。しかしその結果は、後遺障害非該当(該当せず)というものであった。
首の痛みが残存し、それによって生活や仕事に支障を来しているにもかかわらず、それが後遺障害と認められず、損害賠償の対象とされないのである。

 

さて、後遺障害の認定結果が出たら、保険会社から示談案が送られてくる。支払い済みの治療費、通院費、休業損害の金額のほか、慰謝料はわずかに数十万円程度。今後の治療や痛みと向き合わなければいけない日々を考えると、到底納得ができる金額とはいえないだろう。


ここで簡単に我が国の交通事故賠償制度の仕組みを振り返ってみよう。交通事故で傷害を負った場合、まず傷害の治療のために入院したり通院したりすることになる。
この段階では治療のための「治療費」と通院の交通費などの「雑費」、それに会社を休んだりして仕事ができなくなった場合の収入減部分を賠償する「休業損害」が支払われる。さらに精神的な損害として「慰謝料」が支払われる。

 

一通りの治療が終わり、もはやこれ以上改善しないという段階(症状固定)で、何かしら障害が残った場合、それ以降は後遺障害の賠償となる。こちらには仕事が以前のようにできなくなった場合の損害賠償としての「逸失利益」と、精神的な損害を賠償する「慰謝料」がある。以上とは別に、車両の損害などの物損の賠償制度がある。


多くの被害者が「不十分な賠償」で泣き寝入りしている
このようなケースは例外だと思われるだろうか? 実は交通事故賠償の現場ではけっして珍しいケースではない。保険の担当者が強引に治療や休業損害を打ち切る。そして、どんなに後遺症状が強くて日常生活に支障を来していても、後遺障害が認められない――。


弁護士を立てるのもお金がかかるし、ましてや裁判になれば精神的な負担も時間もかかるだろう。多くの交通事故被害者が不十分な賠償に不満を持ちつつも、どうすることもできずに泣き寝入りしているというのが実態なのである。


さらに、慰謝料などの損害賠償の基準には、自賠責保険の賠償額を最低基準として、最も高い裁判基準までがある。任意保険に加害者が加入していれば、状況に応じて自賠責保険の補償額よりも厚い損害賠償が得られるはずだと誰もが思う。


ところが実際は、保険会社はできる限り最低保障の自賠責基準に近づけた賠償額で収めようとするのである。事故被害者の多くはそんな事情は知る由もない。保険会社の担当者、交通事故賠償の専門家が言うのだからそうなのだろうと思ってしまう。


こういったことに、どうしても納得できないという人が、我々のような弁護士事務所に相談に訪れる。
ただし、弁護士が表に立ったからといって自賠責や保険会社は簡単にはこちらの意を汲んではくれない。後遺障害の認定基準は、画一的な基準であり、しかも非公開である。いくら医師の診断書があっても、基準に沿わないものは認められない。示談交渉でも、なんだかんだと理由を付けて賠償金の支払いを渋る。

 

意を決して、裁判所に救済を求めて訴訟を提起する。しかし、その裁判所でもまた、弱者救済の視点が欠けているとしか思われない判断例が目立つのだ。
裁判所は、後遺障害の判断については、自賠責保険の認定を一次的に採用する。このような裁判官の前では、自賠責の等級認定を争う被害者は、そもそも不利なところから裁判を始めなければならない。


そのうえ、裁判所は明らかに判決ではなく和解することを強く勧めてくる。中には和解案を提示しつつ、判決に至ったらもっと賠償金額が減るとあからさまに脅してくる裁判官さえ存在する。
このように弁護士が間に立っても、なかなか簡単にはいかないのが日本の交通事故事件の現実なのである。ましてや個人で争ってどうにかなる相手でもない。


この現実は弁護士法人サリュが、前著『ブラック・トライアングル』を上梓したころと変わらないどころか、悪化している。我々の目に映るのは、我が国の交通事故賠償法の枠組み、制度そのもののおかしさであり、加速する一方の制度劣化である。
国と裁判所という大もとがまっとうに機能していない


ちなみに前著で提示した交通事故賠償とその制度の問題点は保険会社による治療費や休業損害の打ち切りなど、保険金値切りの問題、自賠責保険の等級の内容や認定の不透明さなど制度上の問題、裁判所の硬直化した自賠責寄りの判断などであった。


前著で指摘したこれらの問題点は現在も相変わらず存在し続けている。本書『虚像のトライアングル』ではこれらの問題について掘り下げていくと同時に、より本質的な問題の根を明らかにしていく。


それは何か? 結論から言うと交通事故賠償の問題の根本には、国としての制度設計と運営、すなわち立法や行政の問題と、それをチェックし改善させる方向に向かわせる裁判所、すなわち司法に非常に大きな問題があるということである。


確かに交通事故賠償の現場において、保険会社の勝手で横暴なやり方には大きな問題がある。その実態と手口は前著でできる限り示したつもりだ。しかし営利企業である保険会社に示談代行権を持たせ、自賠責の運営の多くを委ねていれば、結果は目に見えている。


自社の利益の最大化を図るのが資本主義社会における企業の本質である。保険会社とて例外ではない。公共の利益の視点や弱者救済の視点からそのやり方を修正し、しかるべき賠償制度のアウトラインを描くのは自賠責保険制度を作った国であり、人権救済の砦たる裁判所であるはずだ。


まず国と裁判所、この2つがしっかりとした方向性と理念を持たなければならない。今の交通事故賠償制度と運営が問題山積なのも、実は国と裁判所という大もとがまっとうに機能していないことに尽きるといえるのではないか。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約はこちら

049-241-1900
 
午前 ×
午後 × ×

×

午前:9:00-12:00 / 午後:15:00-20:00
●土・日:   9:00-13:00

TOPICS
患者さんのお住まいエリア

川越市・狭山市・所沢市・日高市・入間市・ふじみ野市・さいたま市・戸田市・鶴ヶ島市・飯能市・鳩山町・坂戸市・朝霞市・鴻巣市・東松山市・志木市・和光市・北葛飾郡松伏町・比企郡川島町・小川町・嵐山町・北足立郡伊奈町・蕨市・秩父市・熊谷市・草加市・新座市・川口市・東京都足立区・新宿区・渋谷区・目黒区・中野区・練馬区・江東区・府中市・小平市・西東京市・東村山市・立川市・多摩市・神奈川県川崎市・茅ヶ崎市・栃木県宇都宮市・那須塩原・茨城県水戸市・日立市・守谷市・愛知県名古屋市・豊田市・千葉県松戸市・市川市・静岡県掛川市・富士宮市・群馬県楽郡明和町・太田市・大分県豊後大野市・福島県喜多方市・北海道札幌市など

ご予約・お問合せはこちら

049-241-1900